toggle
2020-11-12

「里山の狩人 大鷹」 撮影・監修 真木広造

「里山の狩人 大鷹」

野鳥写真家の真木広造さんの新しい写真集が発売されました。

オオタカの生態を丁寧に記録された貴重な一冊となっています。

迫力ある写真も多数!!

生態写真も多数です。

身近なオオタカを今まで以上に愛おしく大切な気持ちさせて下さる写真集です。

年齢問わず、皆さんにお勧めです!!

 

みちのく映像社

http://www5.plala.or.jp/hirozo/

真木さんのホームページから直接購入が出来ます。

直接購入ですとサイン入り、真木さん本人とやりとりが出来るなんて凄い事だと思います。

是非直接購入してみて下さい!!

 
  • 価格:1,600円(税抜)
  • 仕様:A5変形判96頁
  • 発行年月日:2020年10月10日

株式会社メイツユニバーサルコンテンツの紹介文

野鳥撮影の第一人者真木広造氏が
長年に渡って撮り続けてきた
オオタカの写真を1冊にまとめた写真集

真木氏が初めてオオタカを目にしたのは小学校のとき、
18歳でカメラを手に入れると
なんとかその姿をカメラに収めたいと
撮影に挑戦し続けてきました。

思うような写真はなかなか撮れず、
これまでに長い年月を費やしてきました。
そして数百個体のオオタカに出会い、
30ペア以上の営巣地を観察、撮影しました。

 

そうしたなかで真木氏が求める写真に近づくためには、
被写体の生態を深く知り尽くすことだということに
気づいたのです。
オオタカの生態を知り、
行動のくせを知り尽くすことにより、
行動の予測ができるようになり
撮影の道筋が見えてきたのです。

 

こうして本書に掲載された
狩りの場面、捕食行動、繁殖行動、
巣作り、餌渡し、交尾、産卵、
雛の誕生、子育て、幼鳥の巣立ち、独立と
オオタカの生態をつぶさに撮らえることができたのです。

 

真木氏は「優れた画像を求めるなら、優れた研究者であれ」をモットーに長い間、
自分自身に言い聞かせながら
撮影に打ち込んできたのです。
本書の写真は真木氏がオオタカを研究し尽くし、
その行動を予測することができたからこそ
撮影できたものばかりです。

そうした長年の成果を1冊にまとめたのが本書です。



バードウオッチング&ナイトツアーのお問い合わせはこちらから。

050−7551−4144

予約状況

関連記事