toggle
2020-01-25

カンムリワシ観察会!!

曇り空、気温25度、暖かい一日でした。

午後から小雨が降ったり止んだり、少し気温が下がって涼しくなりました。

カンムリワシリサーチ主催で「カンムリワシ観察会」を行いました。

国内希少野生動植物種及び国の特別天然記念物であるカンムリワシについて、生息状況や交通事故が頻発している現状等をお知らせし、カンムリワシとその保護に関する理解を深めていただくことを目的として、カンムリワシリサーチにより定められた旧正月からの1週間を「カンムリワシ週間」と定めて毎年、保護啓蒙活動をしています。

今年は1月25日から1月31日。

2年連続でカンムリワシに出会えていないカンムリワシ観察会、

なので今年出会えないと観察会が凄く重くなるし、存続の危機!!

念のため朝一で観察ポイントを下見しましたが0羽。

そして本番。

アマサギ、コチドリ、タシギ、シマアカモズなどを観察しながらカンムリワシを探し歩くこと30分、

遠くの枝にカンムリワシが飛んできて止まってくれました!!

参加者のみなさん、大喜びで観察中。

メンバーが一番喜んだかもしれません。

ずっと止まっていてくれたので、じっくりと観察することが出来ました。

スマスコで撮影。

余裕があったので皆さんスマスコ中。

カンムリワシ観察を終え、「やいま村」に戻りました。

やいま村ではカンムリワシ展を開催しています。

「カンムリワシなりきりセット」まで用意。

地元の舞踊家の皆さんが「鷲ぬ鳥節」披露してくださりました。

交通事故も問題ですが、追い討ちかけるように大型リゾート開発、強行に着工している自衛隊基地開発、カンムリワシの未来は明るくは無いです。

今年は既に2件のカンムリワシの交通事故が発生し2羽とも死亡しています。

絶滅してから遅いのです。

カンムリワシを守ることはカンムリワシを営む島の自然を守ることになります。

多くの方に身近に真剣に考えて頂きたい問題です。

カンムリワシリサーチ http://kanmuriwasi.web.fc2.com/

今年も興和光学 株式会社さんから双眼鏡をお貸しいただきました。

有難うございました。



バードウオッチング&ナイトツアーのお問い合わせはこちらから。

TEL 050−7551−4144

予約状況

関連記事