toggle
2017-01-15

ヤツガシラ。Eurasian Hoopoe.

石垣島のヤツガシラ

ヤツガシラの渡来時期

秋から春の渡りで渡来しますが、春の渡りのほうが渡来数、滞在日数が長いです。

秋の渡りでは8月中旬~11月中旬頃に少数、短期間だけ渡来しますが、秋に出会うのは非常に難しいです。

春の渡来時期は2月後半~3月後半にかけて渡来しますが、毎年渡来日、渡来数は大きく変わります。

越冬する場合は12月後半から少数が渡来し1、2ヶ月程滞在する場合があります。

 

ヤツガシラの渡来場所、ポイントについて。

海岸沿いの公園、広場、空き地、歩道等の芝生を好む傾向があります。

石垣市街地内の歩道、公園から最北端灯台周辺まで島内全域がポイントといえます。

稀に内陸の農耕地、林道などにも渡来することもあります。

ヤツガシラの食べ物。

地面にクチバシを突き刺して獲物を探します。

ゴキブリ、蜘蛛、ミミズ、幼虫、ムカデ等を好んで食べています。

獲物を捕獲したら、一度宙に投げて食べるのが特徴です。

ゴキブリを食べるヤツガシラ。

 

蜘蛛の仲間を食べるヤツガシラ。

幼虫を食べるヤツガシラ。

ゴキブリを食べるヤツガシラ。

ゴキブリを食べるヤツガシラ。

ムカデを捕らえたヤツガシラ。

ヤツガシラが冠を立てる時。

ヤツガシラが冠を立てるタイミングは驚いたとき、警戒したときなどです。

個性があって頻繁に冠を立てる個体、ほとんど立てない個体が居ます。

しかしどの個体も着地した際は必ず冠を数回立てます。

枝から地面に降り立った瞬間などが冠を立てたところを観るチャンスです。

ストレッチ、日光浴でも冠を立てます。

ヤツガシラの名前は冠羽は8枚だからでは無いです。冠羽が多いことを「ヤツ」と表現してヤツガシラ。

     

枝上で冠羽を広げるヤツガシラ。

餌を探しながらも冠羽を立てるヤツガシラ。

ちょっと休憩中に冠羽を立てるヤツガシラ。

  

ストレッチ中のヤツガシラ。

ストレッチ中が一番綺麗に羽を広げますので冠立撮影の大チャンスです。

 

冠羽を立て、片羽を交互にストレッチします。

ヤツガシラのエンジュエルポーズ。

枝の上でストレッチとエンジェルポーズ。

 

ヤツガシラの羽繕い、砂浴び、日光浴について。

ヤツガシラは個体差が有りますが羽繕いが好きな個体が多いです。

丁寧に羽繕いを行います。

砂浴び中のヤツガシラ。

水浴びはするのかは?ですが、砂浴びは天気が良いと良く行います。

日光浴中のヤツガシラ。

陽射しが強い日は日光浴を1日に何度か行うことが有ります。

体全体を平にして広げ、日光を全体に浴びるような姿勢になります。

羽を休める時は枝に止まっていることが多いです。

ヤツガシラの飛び出し。

 

 


バードウオッチング&ナイトツアーのお問い合わせはこちらから。

TEL 050-7551-4144

予約状況

関連記事