天空の戦士 隼(ハヤブサ)撮影・監修 真木広造 メイツ出版

真木広造さんの新し野鳥写真集が発表されました。

今回は「隼 ハヤブサ」です。

僕のハヤブサのイメージは「鋭く獲物を狙う力強い瞳、素速く飛ぶための筋肉、強くかっこいい、鳥を観察していたら全てを飛ばし、逃してしまう厄介な鳥」等と良いイメージは少ない感じでした。

ですが真木さんの最初コメントには「実にカワイイ顔をしている。」とあて驚きました。

僕は今まで隼に対して「可愛い」と思った事がありません。

チョウゲンボウには「可愛い」という表現を頻繁に使うのですがね。

その驚きはページをめくるごとに納得に変わっていきました。

迫力ある生態写真だけではなく、子育てをしている写真、あどけない表情の写真などなど、優しさと美しさ、そして可愛らしさが伝わる写真が沢山です。

言葉では伝えきれない隼の魅力がぎっしりと満載された写真集です。

120ページ、画像点数も沢山、多くの方々にオススメの写真集!!

下記、メイツ出版紹介文

真木氏が初めてハヤブサを目にしたのは小学生の頃、
飼っていた伝書鳩の1羽が大空で襲われ
逃げ帰ってきたときでした。
伝書鳩を襲った鳥はなんだったのか?
伝書鳩の手当てをしてすぐに学校の図書館へ調べに行き
それがハヤブサだったと知ったということです。
以来ハヤブサについて調べ目にするにつれ
魅了されていったのです。

ハヤブサの狩りは上空から急降下し
スピードをあげ頑健な足で一撃し、
蹴落として捉えるという豪快なものです。
その狩りの一瞬を撮影することは至難の技です。
ハヤブサの生態を知り尽くし、
行動を予測することができなければ撮影はできません。

15年間にわたる全国各地でのハヤブサの観察、
研究の成果がこの写真集にまとめられました。
アオバトが襲われ羽毛が飛び散る一瞬や
子育てのシーンなど四季折々のハヤブサの生態が
切り取られています。
なかなか目にすることができないシーンの数々は、
この写真集を手に取った方々を
必ずや魅了させてくれることでしょう。

以上

ページごとにカメラ設定の情報が丁寧に記載されていますので、とても参考になると思います。

設定を見るだけでも「凄い!」って感じます。

天空の戦士 隼(ハヤブサ)

撮影・監修 真木広造

メイツ出版

定価:1,870円


お問い合わせはこちらから。

Tel&Fax 0980-87-9230

予約状況

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事